• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

ハナガガシ

和名:ハナガガシ
所属:ブナ科 コナラ属
学名:Quercus hondae Makino
特性: 常緑高木で、樹幹は通直。樹皮は厚く暗灰色で、粗ぞう。新枝はやや細かくなめらかで暗赤褐色を呈し、白色の皮目がある。葉はやや短い柄があり互生し、やや枝頂に集りつき披針形または倒披針形で上面は鮮緑色で光沢があり、下面は緑色で先は鋭く尖る。堅果は倒卵状楕円形で、先は鈍形である。
分布: 四国(高知県、愛媛県)、九州(中部以南)の暖帯に分布する。分布が限られていて珍しい樹種である。
用途: 材は器具材、車輌材などとする。
備考: 一名サツマガシ。ハナガガシは葉の長いカシの意味である。
開花時期: 5月
果実成熟期: 翌年10月
写真上:
写真下:

ハナガガシ

ハナガガシ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp