• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

ヒノキ

和名:ヒノキ
所属:ヒノキ科 ヒノキ属
学名:Chamaecyparis obtusa Sieb. et Zucc.
特性: 常緑針葉高木で、樹幹は直立する。枝条は細く水平に開出し、卵形の樹冠を形成し、樹冠の先端は円形を呈する。但し、幼樹の樹冠は円錐形である。樹皮は赤褐色で、外面灰色をおびる。葉は鱗状で交互対生し、鈍頭をなし、上面は濃緑色である。雌雄同株。球果はほとんど球形で、初め緑色であるが、熟して赤褐色を呈する。種子は卵形、または卵状楕円形で赤褐色を呈し、光沢がある。
分布: 本州、四国、九州に産し、北限は福島県の北緯37゜10´である。南限は下屋久国有林の北緯およそ30゜15´である。
用途: 材は建築材、器具材、機械材、土木用材、船舶材、車輌材、枕木など用途範囲が広い。樹皮は屋根葺材料、葉・樹幹から香油を採る。樹木は庭木、盆栽、生垣用となる。
備考: 和名ヒノキは「火の木」の意味で、大昔の人がこの木をこすり合わせて火を出したことからきている。漢名の扁柏や桧をあてるのは正しくないという。「桧山そうどう」の桧は本種ではなく、アスナロの変種ヒノキアスナロである。
 開花時期: 4月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果

ヒノキ

ヒノキ

ヒノキ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp