• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

カナクギノキ

和名:カナクギノキ
所属:クスノキ科 クロモジ属
学名:Lindera erythrocarpa Makino
特性: 落葉高木。樹皮は黄白色で老樹では小片となり落ちる。小枝は淡黄褐色で、葉には柄があり互生し、倒披針形または長楕円形で先は細いが鈍く、基部は鋭尖形をなし、上面は緑色、下面は帯粉白色である。花は新枝のもとの葉腋に出、柄のある淡黄色の小花を開く。雌雄異株。液果は熟して赤色となる。
分布: 本州(千葉県以西)、四国、九州、朝鮮半島、中国の暖帯に分布する。
用途: 材は器具材などとし、まれに庭木とする。
備考: 和名のカナクギノキは「鉄釘の木」の意で、その材がやや堅硬で木理が密であることからから名づけられたものと思われる。
 開花時期: 4月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下:

カナクギノキ

カナクギノキ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp