• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

キンポウラン

和名:キンポウラン
所属:ユリ科 イトラン属
学名:Yucca aloifolia cv marginata
特性: 小高木。幹は細く通直、稀に分岐する。葉は頂生、剛直長剣状にて屈曲せず灰緑色を呈す。下方の葉は全片下向け。新葉は多少紅味を帯びる。花は白色または乳白色で長楕円形である。果実は漿果状、軟質、長楕円形、紫黒褐色、樹上にて乾固して割れる。種子は堅く、純黒色で光沢がある。
分布: 北米南部、ジャマイカ、バ-ジニア、東部メキシコなどに分布する。
用途: 庭木に用いられる。
備考: 明治中期に日本に入り、1931年小石川植物園で初めて結実する。種子は秋季熟して翌春まで樹上にあり、秋播きすれば翌春100%発芽する。
 開花時期: 8~9月
果実成熟期: 10~11月
写真
 キンポウラン

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp