• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

ミヤギノハギ

和名:ミヤギノハギ
所属:マメ科 ハギ属
学名:Lespedeza penduliflora Nakai
特性: 落葉かん木で株立状。茎の中辺以上は分岐し、大小の枝が伸長するのが特徴。葉は三小葉で狭長楕円形。時に楕円形又は卵形。花は6月~9月で下垂して有梗、葉より長い。竜骨弁の先端は紅紫色又は深紅色。種子は1個で光沢ある偏平形、茶褐色を呈する。
分布: 中国に自生品があるとの説が伝えられている。
用途: 庭木、生垣、公園樹に用いる。
備考: 宮城県の郷土の花に選ばれたので、仙台では盛んに栽培している。宮城野とは宮城郡原町南方の原野を指すので、ここでこの花が自生していたのではない。この地方の名称がこの植物につけられた由来も不明である。
 開花時期: 6月~9月
果実成熟期: 
写真
ミヤギノハギ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp