• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

ヌルデ

和名:ヌルデ
所属:ウルシ科 ウルシ属
学名:Rhus japonica Linn.
特性: 落葉高木。樹皮は帯褐灰色で枝は太く、赤褐色の皮目を散布する。若枝には黄褐色の毛を密生する。葉は互生し、大形の羽状複葉で、小葉は長楕円形または卵状長楕円形で先は急に尖り、縁には粗鋸歯がある。雌雄異株。枝の先に円錐花序を出し、幅広く多数の花をつける。花は黄白色である。核果は球形で黄赤色をなし、成熟すると酢味のある白い粉をかぶる。
分布: 北海道(渡島半島)、本州、四国、九州、奄美大島、琉球、台湾、朝鮮半島、中国、インド支那、ヒマラヤなどの温帯、暖帯に広く分布する
用途: 材は器具材などに用い、しいたけ原木ともなる。樹皮は染料、葉についた五倍子は染料、インキの製造用などとする。実からはろうをとる。材は護摩木としてたくことがある。
備考: 和名のヌルデは、木から白い汁が出て物を塗ることができるからといわれる。別名フシノキは葉にヌルデフシムシの寄生による五倍子を生じ、これをフシという。
 開花時期: 8~9月
果実成熟期: 10~11月
写真上:
写真下:

ヌルデ

ヌルデ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp