• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

タラヨウ

和名:タラヨウ
所属:モチノキ科 モチノキ属
学名:Ilex latifolia Thunb.
特性: 常緑高木。樹形は端正。樹皮灰黒色、葉は互生し大形、長楕円形、長さ10~18cm、深緑色、細く鋭い鋸歯があり、厚く革質、平滑、上面光沢がある。雌雄異株。5月頃前年枝の葉腋に集散花序の黄緑色の花を開く。果実は10月成熟し、核果、球形、集団状に赤く熟し、美しい。
分布: 本州中南部、四国、九州の暖地
用途: 樹皮から上質のトリモチがとれる。庭木。
備考: 繁殖は実生、ただし種子を層積して1年貯蔵したものをまくか、とりまきして1年床に据置しないと、発芽しない。さし木ができる。陰樹で湿気の多い樹林の下木として生育している。立田山実験林内の陰湿地には点々自生している。
 開花時期: 5月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下:

タラヨウ

タラヨウ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp