• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

ツブラジイ

和名:ツブラジイ
所属:ブナ科 シイノキ属
学名:Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky
特性: 常緑高木で幹は通直。枝葉はよく繁り球形の樹冠をなす。樹皮は灰青色で、老年までなめらかで、ほとんど割れ目ができない。枝はよく分岐し、細い。葉は有柄で互生し、卵状長楕円形、先は長く鋭く尖る。上面は深緑色、下面は灰褐色である。雌雄同株。堅果はほぼ球形で、生時は黒色であるが、乾くと褐色となる。種子は赤褐色の薄い皮をかぶっている。子葉は白色である。
分布: 本州(関東南部以西)、四国、九州、朝鮮半島南部の暖帯に自生し、主として内陸地方に生ずる。
用途: 材は建築材、器具材、椎茸原木などとする。樹皮より漁網の染料および渋をとる。種子は食用となる。樹木は庭園、公園、生垣、防火樹として植栽される。
備考: 一名コジイ。和名ツブラジイは「円ジイ」で果が円いからいう。別名コジイはスダジイに比べて果が小さいからいう。
 開花時期: 5~6月
果実成熟期: 翌年9~10月
写真上:
写真下:

ツブラジイ

ツブラジイ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp