• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

スギのこぶ病

病名: スギのこぶ病

病原菌: Kusano
宿主: スギ,Cryptomeria japonica D.Don
症状:スギの枝にこぶができる。初めは淡褐色で球状の小突起が主に2年生枝の葉腋にできるが,その後肥大して大小の突起で覆われたこぶ状となる。罹病枝は徐々に枝葉が衰弱して枯れることもある。スギ品種によって罹病しやすいものとそうでないものがある。九州地域の罹りやすいある品種では,若齢時から罹病して大小のこぶが枝一面に形成され,壮齢になると樹冠の衰弱がみられた。また,個体間の差異も見られる。罹りやすい品種や個体をさし木の母樹とすることは避ける。
スギのこぶ病

写真1:スギ枝のこぶ

スギのこぶ病

写真2:壮齢木の枝の多数のこぶ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp