• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

スギ黒点枝枯病

病名: スギ黒点枝枯病

病原菌: Stromatinia cryptomeriae Kubono et Hosoya
宿主: スギ,Cryptomeria japonica D.Don
症状:7~8月頃に小枝の先端部に褐色病斑を形成する。その病斑が拡大して数年で主枝に達し,主枝を一周するとそこから上部が鮮やかな赤褐色になって枯れる。樹齢を問わずに発生し,慢性的に激しく発病する場合には著しい成育阻害を引き起こす。東北地域でスギ造林地の重要病害である。九州地域でも時々発生するが,連年発生することはないようで,発生翌年の針葉展開により回復して,次第に罹病枝葉部は目立たなくなる。
スギ黒点枝枯病

写真1:枝枯れ症状

スギ黒点枝枯病

写真2:病原菌の胞子

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp