• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 立田山実験林のご紹介 > 立田山の昆虫 > 立田山の昆虫:ヒメスズメバチ

ここから本文です。

更新日:2015年5月26日

立田山の昆虫

和名:ヒメスズメバチ

和名: ヒメスズメバチ
所属: 膜翅目,スズメバチ科 VESPIDAE 巣を造成中の女王バチ
学名:Vespa tropica (linn.)
形態: 体長24-37cm、体は細い。
食物: アシナガバチ
分布: 本州・四国・九州、対馬、屋久島、奄美大島
生態: 日本産のスズメバチの中では最も小規模の巣を作る。巣は樹洞や鳥の巣箱などの閉鎖空間。アシナガバチ類専門の捕食者という点で、スズメバチ類としてはもっとも食性の特殊化が著しい。アシナガバチの巣を襲い、巣内の幼虫や蛹の体液を吸い取り、それを自分の幼虫に餌として与える。アシナガバチは全く反撃できず、襲われた巣は早晩廃絶する。
写真: 巣を造成中の女王バチ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp