• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 立田山実験林のご紹介 > 立田山の昆虫 > 立田山の昆虫:コガタスズメバチ

ここから本文です。

更新日:2015年5月26日

立田山の昆虫

和名:コガタスズメバチ

和名:コガタスズメバチ
所属: 膜翅目 スズメバチ科 VESPIDAE 学名: Vespa analis insularis DALLA TORRE
形態: 体長22-29cm、
食物: バッタ、トンボ、アブ等の有翅昆虫類
分布: 北海道・本州・四国・九州、対馬、種子島、屋久島、琉球列島。
生態: 営巣規模はヒメスズメバチについで小さい。人家周辺に多く、軒先や庭木の植え込みなどの閉鎖空間に営巣する。巣は初期徳利を逆さまにしたような形をしているが、働きバチが現れると、この突起状の煙突はなくなり、おおむね洋梨型となる。性質は比較的温厚である。
写真: 左は巣の創設、右は初期の巣
写真: 最盛時の巣
左は巣の創設、右は初期の巣 最盛時の巣

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp