• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 立田山実験林のご紹介 > 立田山の昆虫 > 立田山の昆虫:コウモリガ

ここから本文です。

更新日:2015年5月26日

立田山の昆虫

和名:コウモリガ

和名:コウモリガ
所属: チョウ目 コウモリガ科 HEPIALIDAE 学名: Endoclyta excrescens Butler
形態: 成虫の開張は45-110mm,老熟幼虫は大きいもので80mmくらいになる。
食樹: ハンノキ,スギ,クヌギ,コナラ,クサギ,クリなど様々な樹木の穿孔性害虫
分布:北海道・本州・四国・九州・対馬・屋久島,中国東北部,シベリア南東部
生態: 草本や木本植物の樹幹に穿入し、樹幹の中に縦方向に円筒状の坑道を作る。羽化は8月中旬~10月上旬で,雌成虫は低速で地上1m前後のところを飛翔しながら産卵する。卵はそのまま越冬して翌春孵化する。孵化期は4月中旬。幼虫は糞を食入孔の入り口に吐糸で綴り付着させる。
写真: 食害中の幼虫
写真: スギ幼齢木の被害
食害中の幼虫 スギ幼齢木の被害

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp