• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 立田山実験林のご紹介 > 立田山の昆虫 > 立田山の昆虫:マスダクロホシタマムシ

ここから本文です。

更新日:2015年5月26日

立田山の昆虫

和名:マスダクロホシタマムシ

和名:マスダクロホシタマムシ
所属: コウチュウ目 タマムシ科 BUPRESTIDAE 学名: Ovalisis vivata (Lewis)
形態: 成虫は体長7-13mmで美麗。幼虫は体全体が偏平で,タマムシ類に特徴的な小さい頭部と大きな胸部を持つ。
食樹: スギ、ヒノキ
分布:本州・四国・九州・屋久島・台湾
生態: 衰弱したスギ・ヒノキを加害し枯損させることがある。成虫は4月下旬から6月下旬に脱出し、成虫はスギやヒノキの針葉と枝を後食する。産卵は粗皮の割れ目に行われる。孵化した幼虫は内樹皮に食入し不規則に食い進むが,横方向に食害している例が多い。成熟した幼虫は樹皮下に蛹室を作るか,または材部に浅く穿入孔を作って蛹化する。
写真: 食害中の幼虫
写真: 成虫
食害中の幼虫 成虫

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp