• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 立田山実験林のご紹介 > 立田山の昆虫 > 立田山の昆虫:マツノマダラカミキリ

ここから本文です。

更新日:2015年5月26日

立田山の昆虫

和名:マツノマダラカミキリ

和名: マツノマダラカミキリ
所属: コウチュウ目 カミキリムシ科 CERAMBYCIDAE 学名: Monochamus alternatus HOPE
形態: 成虫は体長18-28mm,幼虫は老熟すると体長20-40mm。
食樹: アカマツ・クロマツ他マツ類(外国産マツでも生育可!)
分布:日本(北海道を除く)
生態: 松枯れの原因となるマツノザイセンチュウの伝播者。羽化脱出した成虫はアカマツやクロマツの枝の樹皮をかじり栄養を摂取(後食)する。この後食時にマツ枝にできた傷口からマツノマダラカミキリ虫体を離脱した線虫が樹体内に侵入し,マツを発病させ枯損をもたらす。雌成虫は衰弱木にのみ産卵する。卵は1週間程度で孵化し,幼虫は樹皮下を食害して生長する。通常8月~10月にかけて,材内へ掘り進んで蛹室を作り,入り口に特徴的な長い木屑をつめて蛹室内で越冬する。翌年4月以降,越冬幼虫は蛹化,さらに羽化し,蛹室から横穴を掘り,樹皮に丸い穴をあけて脱出する。成虫の羽化脱出時期は九州では主に5月下旬から7月上旬であるが,年により,また場所により時期が大きくずれることがあり,防除上の難点のひとつとなっている。
写真: 左は幼虫、右は成虫の気管から遊出した
マツノザイセンチュウ
写真: 雄成虫
左は幼虫、右は成虫の気管から遊出したマツノザイセンチュウ 雄成虫

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp