• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 立田山実験林のご紹介 > 立田山の昆虫 > 立田山の昆虫:オオゾウムシ

ここから本文です。

更新日:2015年5月26日

立田山の昆虫

和名:オオゾウムシ

和名:オオゾウムシ
所属: コウチュウ目 オサゾウムシ科 RUYNCHOPHORIDAE 学名: Sipalinus gigas (Fabricius)
形態: 成虫の体長は変異が大きく12-29mm。幼虫は後半部が寸詰まりの奇妙な形態をしている。
食樹: マツ,スギ,ヒノキ,広葉樹などの枯死木,切り株,伐倒丸太。
分布: 日本・朝鮮半島・中国・インドシナ・インド
生態: 大型のオサゾウムシで,伐倒木や土場丸太に直径1cmほどの深い穴を開けることがあるため,とき木材害虫として注目される。成虫はクヌギ,コナラなどの樹液によく集まる。マツ林などに極めて普通な甲虫であるが,意外なことにその生活史はほとんどわかっていない。なぜか黒ビールが好きで,これを入れたトラップでよく捕れる。
写真: 左は幼虫、右は被害材
写真: 成虫
左は幼虫、右は被害材 成虫

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp