• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 立田山実験林のご紹介 > 立田山の昆虫 > 立田山の昆虫:ヤマトタマムシ(タマムシ)

ここから本文です。

更新日:2015年5月26日

立田山の昆虫

和名:ヤマトタマムシ(タマムシ)

和名: ヤマトタマムシ(タマムシ)
所属: コウチュウ目 タマムシ科 BUPRESTIDAE 学名: Chrysochroa fulgidissima (Schonherr)
形態: 成虫の体長は約30mm
食樹: エノキ、ケヤキ、サクラ、カシ類の枯れ木や切り株
分布: 朝鮮、中国、台湾、インドシナ半島、本州、四国、九州、屋久島、種子島、対馬、琉球
生態: 成虫はアオギリにあつまる。1世代は2年以上かかるようである。生きた木には産卵しない。広葉樹の切り株、丸太の割れ目等産卵し、樹脂状のもので囲む、孵化した幼虫は木部を食べ成長する。成虫は小口が脱出し、その脱出孔は楕円形をしている。
写真: 木の隙間に生まれた卵塊を剥がしたところ
写真: 産卵場所を探索中の雌成虫
木の隙間に生まれた卵塊を剥がしたところ 産卵場所を探索中の雌成虫

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp