• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 研究紹介 > 一般公開、ご来場、ご訪問のご案内

ここから本文です。

更新日:2016年6月1日

一般公開について

きのこくん
森林総合研究所九州支所では研究所を広くご紹介するために「森の展示館」を開館し、樹木園及び実験林を公開しています。お気軽においでください。
樹木園の見学、立田山への入山に当たっては服装や携行品に気を配り安全に留意していただくとともに、右端に掲示しました禁止行為を守っていただき、野生動植物との共存共栄、マナーの確保にご協力をお願いいたします。
  <交通アクセス>
 

森林総合研究所九州支所には研究フィールドとして立田山実験林、樹木園、研究の成果や森林に関する情報を展示している「森の展示館」があります。

樹木園 樹木園の散策は一年を通して自由にご利用いただけます。
樹木園にはシイ・カシ類などの常緑広葉樹が43樹種63本、モミジバフウなどの落葉広葉樹が48樹種86本、スギ・マツ類などの常緑針葉樹が26樹種79本、メタセコイヤ・イチョウなどの落葉針葉樹が6樹種71本を植栽してあります。外国産の樹種も内数で29樹種119本(平成23年3月現在)あります。それぞれに樹名板が設置してあります。(入場無料)
実験林

実験林は、熊本市内の立田山(標高152.2m、北緯32°49′東経130°44′)の南斜面の東西約700m、南北約1,000mの範囲に菱形状の土地に所在し、支所構内とは細川家廟所(菩提寺:泰勝寺)の敷地を挟んだ北方に位置しています。このため「立田山実験林」と呼ばれ親しまれています。
この実験林全域が県立自然公園に含まれ、風致地区、鳥獣保護区等に指定されて、立田山の北側、東側の県有林等と併せて森林ミュージアムとして市民の憩いの森になっています。(ただし、林の中は研究のため使用していますので立入禁止です。また、林道以外は台風による枝折れや落枝の危険があります。立ち入らないでください。)

森の展示館

森の展示館は平成28年熊本地震により被災し、開館できない状況です。
当分の間休館いたします。
よろしくお願いいたします。

森の展示館は研究成果、標本などの展示のほか、学習(図鑑・顕微鏡)コーナー、特設展示などのコーナーがあり、専門のスタッフが案内してくれますので、学習の場として、また、夏休みの自由研究にご活用ください。毎週水曜~日曜日、祝日(年末年始除く)9:30~16時30分に開館しています。
また、森林ミュージアム「立田山憩いの森」の一部にもなっており、散策コースDに森の展示館が含まれています。散策の寄り道として休憩のついでにお立ち寄りください。(入場無料)
森林ミュージアム「立田山憩いの森」案内図(PDF:772KB)はこちらで差し上げています。

「一般公開」 森林総合研究所九州支所では九州育種場と合同で、九州沖縄農業研究センターと一緒に「一般公開」を開催しています。(入場無料)
 

見学案内見学等の申込み

森林総合研究所九州支所の樹木園、実験林、森の展示館の見学は申込み不要となっており自由にご覧いただけます。森の展示館については上記の時間帯で開館しておりますが、閉館している月曜・火曜日においてもお申し込みがあれば開館いたします。また、学習や観察などを企画される場合は下記あてお問い合わせください。
  森林総合研究所九州支所地域連携推進室
〒860-0862熊本県熊本市中央区黒髪4丁目11番16号
電話:096-343-3169(直通)/096-343-3168(代表)
メール:お問い合わせのメールはこちらにどうぞ。
盗掘、盗栽、採取お断り
動植物をとらないでください。
ゴミは持ち帰り、来たときよりも美しく。
ゴミは持ち帰りましょう。
山火事注意、火気厳禁
立田山は火気厳禁。禁煙エリアです。
車両乗り入れ禁止
立田山は関係車両以外乗り入れ禁止です。
危険な行為(ゴルフ練習、バットの素振りなど)、迷惑行為はやめましょう
危ない行為はやめましょう。
犬・猫の放し飼いは止めてください。
犬は飼い主がつないでください。野生動物保護のためフンは持ち帰りましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3169

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp