文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
1
2
3

森林総研トップ

更新日:2012年8月3日

ここから本文です。

特用林産担当チーム

きのこ栽培における生産性の向上のために、以下のような研究を行ってきました。

  • シイタケの染色体地図の作成による効率的な育種技術の取組み
  • ヌメリスギタケ等新規性の高いきのこの遺伝解析による育種情報の提供

スタッフ

関谷 敦(せきやあつし)-チーム長
特用林産チーム研究紹介

主なプロジェクト等

第3期中期計画期間 (平成23年~27年) には、

  • 九州における特用林産物の生産性向上に関する研究 

を実施し、九州における特用林産物の生産性向上を目指して、アラゲキクラゲの栽培方法およびムキタケの新品種開発育種手法の開発を行っていきます。