ホーム > 研究紹介 > 研究内容

更新日:2018年3月27日

ここから本文です。

研究内容

主な研究内容

  • 次世代育種集団林の構築及びエリートツリー等の選抜
  • 初期成長等に優れた品種の開発
  • マツノザイセンチュウ抵抗性品種の開発
  • 成長等に優れた花粉症対策品種の開発
  • 検定技術の高度化(第2世代における材質改良手法の検討)
    検定技術の高度化(より強いマツノザイセンチュウ抵抗性品種の選抜方法の開発)
  • 育種を高速化する技術の開発と基盤強化(育種価等の予測精度の向上のための評価技術の開発)
  • 温暖化適応策に適した育種技術の開発
  • 原種苗木増産技術の開発
  • 採種穂園管理技術の高度化
  • 開発品種の特性情報の提供
  • トレーサビリティ・システムの実用化
    地球温暖化に対応した遺伝資源の評価技術の開発