ホーム > 研究紹介 > 研究成果 > マツノザイセンチュウ抵抗性品種

更新日:2018年5月21日

ここから本文です。

マツノザイセンチュウ抵抗性品種

九州育種場では各県と連携して、平成28年度までにマツノザイセンチュウ抵抗性品種120品種(アカマツ46品種、クロマツ74品種)を開発しています。
このうち、抵抗性品種同士を交配した家系の中から第二世代の抵抗性品種は30品種(クロマツ)を開発しています。

  

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。