林業の労働災害を減らすために

林業工学研究領域
収穫システム研究室 上村 巧
Top   |   ソフトウエア配布   |   道具と技   |   伐倒技術   |   おさらいワイヤロープ   |   作業安全   |  

林業に用いられる道具と技

伐木作業者が持ち歩く道具

伐木作業者はどのような道具を持ち歩いて作業をしておられるの か、調べてみました。最初に伐木作業中にポケットや腰袋などに入れ、身につけている道具類について見てみます。

身につけて運ぶ道具

身につけている道具類の質量は燃料を持ち歩く人は4.1kg、持 ち歩かない人では1.9kgであり,その差が身につける燃料類の質量と考えられます。これにチェーンソーを加えると伐倒時の運搬質量になります。

毎日現場に持ち運ぶのは、これらの他に燃料、チェーンオイル、弁 当、水筒ぐらいという回答が多く見られました。

他に必要な道具類は通勤に使う自動車や飯場に準備されることが多 いようです。
 傾斜地で運搬する道具の質量は最小限にしたいものです。毎日使うチェーンソーやかかり木処理に必要となるけんいん具について軽量化を望む声が多いのも当 然だと言えます。道具の軽量化はこれからも進めていかなければならない課題です。


ガソリン入れ

混合ガソリンをペットボトルで運搬される方が多く見られますが、 キャ ブレターのトラブルにつながることがありますので、避けた方が良いとメーカーは指摘しています。