PRDBの構築と管理システム

PRDBの管理プログラム(FVD)は、標準的な植物社会学ルルベ調査票1枚を単位として記載事項(調査番号、環境、植物など)を集積したデータベースを構築し、必要に応じて、特定の調査票を抽出し、組成表として、あるいは、一般的なCSV形式のファイルとして出力する機能がある(http://forests.world.coocan.jp/fvdb/)。PRDBのデータ項目は、調査地番号、地名、緯度、経度、調査年月日、地理区画(メッシュ)コード、標高、傾斜方位、傾斜角度、地形、表層地質、土壌型、各階層(高木層、亜高木層、低木層1、低木層2、草本層1、草本層2、コケ層)の高さと植被率、調査面積、出現種数、備考(出典など)、種名と階層ごとの被度・群度である。環境データとリンクさせるために不可欠な地理情報は、JIS地理区画(3次、2次)コードとして、記載情報(地図、地名、標高、地形、方位)から特定して入力している。

ルルベ票の表示例

トップページに戻る