previous speciesnext speciesspecies listtop page


オオハキリバチ (Chalicodoma sculpturalis)

dorsal view lateral view
frontal view
see nest

和名 オオハキリバチ
学名 Chalicodoma sculpturalis (Smith, 1853)
上科 ミツバチ上科 (Superfamily Apoidea)
ハキリバチ科 (Family Megachilidae)
亜科 ハキリバチ亜科 (Subfamily Megachilinae)
ヤニハナバチ属 (Genus Chalicodoma)
体長 約17-27 mm
特徴 体は黒色で、胸部に黄褐色の毛をもつ。竹筒やカミキリムシ類の脱出孔に樹脂(松ヤニ)で巣を作る。ハキリバチ属(Megachile)と異なり、営巣には葉片を用いない。
分布 北海道、本州、四国、九州、奄美諸島、琉球諸島
関連する生物 ハラアカヤドリハキリバチ(Euaspis basalisキイロゲンセイ(Zonitis japonicaに労働寄生される。

previous speciesnext speciesspecies listtop page


竹筒ハチ図鑑   © 2005 独立行政法人 森林総合研究所