previous speciesnext speciesspecies listtop page


ヤマトフタスジスズバチ (Discoelius japonicus)

dorsal view lateral view
frontal view
see nest

和名 ヤマトフタスジスズバチ
学名 Discoelius japonicus Perez, 1905
上科 スズメバチ上科 (Superfamily Vespoidea)
ドロバチ科 (Family Eumenidae)
フタスジスズバチ属 (Genus Discoelius)
体長 約7.5-17.5 mm
特徴 比較的大型で細長いハチ。体色は黒色で、腹部第1-2背板に黄色の細横帯をもつ。胸部はつや消し状であるが、腹部には光沢がある。竹筒や枯枝の空隙に、植物の葉片をかみ砕いたもの(濃緑色-茶色)で仕切りを作り営巣する。育室の間には葉片が詰め込まれている。幼虫の餌としてメイガ、ハマキガ、キバガ、ヤガなどの幼虫を狩る。単にフタスジスズバチとも呼ばれる。
分布 北海道、本州、四国、九州、薩南諸島
関連する生物 ムツバセイボウ (Chrysis fasciata) に寄生される。

previous speciesnext speciesspecies listtop page


竹筒ハチ図鑑   © 2005 独立行政法人 森林総合研究所