previous speciesnext speciesspecies listtop page


ミカドジガバチ (Hoplammophila aemulans)

dorsal view lateral view
frontal view
see nest

和名 ミカドジガバチ
学名 Hoplammophila aemulans (Kohl, 1901)
上科 ミツバチ上科 (Superfamily Apoidea)
アナバチ科 (Family Sphecidae)
亜科 ジガバチ亜科 (Subfamily Ammophilinae)
ツツジガバチ属 (Genus Hoplammophila)
体長 約25-34 mm
特徴 体は黒色、腹部第1節末端および第2節は赤色。樹木の空洞や竹筒などに小石や木片などを運び込み育室を閉じるという、他のジガバチ類には見られない特異な習性をもつ。幼虫の餌として、シャチホコガ類の幼虫を狩る。
分布 本州、九州、対馬
関連する生物

previous speciesnext speciesspecies listtop page


竹筒ハチ図鑑   © 2005 独立行政法人 森林総合研究所