previous speciesnext speciesspecies listtop page


アルマンアナバチ (Isodontia harmandi)

dorsal view lateral view
frontal view
see nest

和名 アルマンアナバチ
学名 Isodontia harmandi (Perez, 1905)
上科 ミツバチ上科 (Superfamily Apoidea)
アナバチ科 (Family Sphecidae)
亜科 アナバチ亜科 (Subfamily Sphecinae)
ツツアナバチ属 (Genus Isodontia)
体長 約 17-25 mm
特徴 体は黒色であるが、後脚の腿節、脛節、ふ節は赤色。枯木の孔や竹筒にコケ(まれにスギやヒノキの皮を細く割いたもの)で仕切りを作り、営巣する。幼虫の餌としてササキリやツユムシなどを狩る。ひとつの育室に複数の幼虫が共存する。アルマンモモアカアナバチとも呼ばれる。
分布 本州、佐渡島、四国、九州
関連する生物

previous speciesnext speciesspecies listtop page


竹筒ハチ図鑑   © 2005 独立行政法人 森林総合研究所