previous speciesnext speciesspecies listtop page


エントツドロバチ (Orancistrocerus drewseni)

dorsal view lateral view
frontal view
see nest

和名 エントツドロバチ
学名 Orancistrocerus drewseni (Saussure, 1857)
上科 スズメバチ上科 (Superfamily Vespoidea)
ドロバチ科 (Family Eumenidae)
エントツドロバチ属 (Genus Orancistrocerus)
体長 約16-19.5 mm
特徴 体色は黒色で、腹部に黄褐色の斑紋をもつ。腹部第2節が太く、全体的にずんぐりしている。竹筒などに泥の巣を作るが、巣が完成するまでにその入口をエントツ状に伸ばす。幼虫の餌としてメイガ、ハマキガ、キバガ、ヤガなどの幼虫を狩る。母バチは幼虫の餌を随時的に巣に運び込むため、亜社会性を示す。羽化した娘バチは母巣にとどまって繁殖する傾向がある。日本ではオスが採集されたことがなく、メスによる単為生殖個体群と考えられている。オオカバフスジドロバチやオオカバフドロバチとも呼ばれるが、最近では営巣習性を表した短い和名(エントツドロバチ)が用いられる。
分布 本州、佐渡島、四国、九州、対馬、大隅諸島
関連する生物 オオセイボウ(Stilbum cyanurum に寄生される。

previous speciesnext speciesspecies listtop page


竹筒ハチ図鑑   © 2005 独立行政法人 森林総合研究所