森林生物 アイフィンガーガエル


和名:アイフィンガーガエル
学名:Chirixalus eiffingeri
    カエル目
分布:石垣島・西表島に分布する。
 
写真(上):アイフィンガーガエル成体
写真(下):アイフィンガーガエル卵
アイフィンガーガエル成体
説明
台湾にも生息。完全な樹上性の種類で,産卵も樹木の幹にある水のたまった穴の中にする。体色は褐色のことが多いが,時に緑色になる。また,ごつごつした樹幹にいる時は体表がざらざらしていることがある。樹洞の水たまり中で,幼生は雌が産卵する無精卵を食するという。区別点:ニホンカジカガエル(リュウキュウカジカガエル)に比べ,目が大きく,後肢が短い。鳴き声:美声で,高い声で,ピリッ,と一声ずつ鳴くことが多い。
アイフィンガーガエル卵

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ