森林生物 アオスジカミキリ


和名:アオスジカミキリ
学名:Xystrocera globosa (OLIVIER)
    コウチュウ目,カミキリムシ科
分布:本州・四国・九州・台湾・朝鮮・東南アジア・エジプト・マダガスカル・ハワイ
 
写真(上):アオスジカミキリ雌成虫
写真(下):アオスジカミキリ幼虫食害痕
アオスジカミキリ雌成虫
説明
幼虫が,ネム,アカシアなどのマメ科の樹木の樹皮下を食害し,立木や太枝を枯らす。成虫の体長は20〜33mm。雄は雌に比べて体長に対する触角の長さが長い。老熟幼虫の体長は,35〜45mm。6月から10月にかけて常に成虫が羽化するが,6月と9月下旬に成虫発生のピークがある。成虫は,樹皮状の凹凸部に卵塊状に産卵する。幼虫は樹皮下に穿孔し,集団で内樹皮を食害するため,食害部から先が枯死することがある。6月に産卵された卵から発育した幼虫の一部が9月に脱出するが,残った幼虫が越冬後翌年の6月に脱出するので,発生のピークが2つある。成虫は,しばしば灯火に飛来する。
アオスジカミキリ幼虫食害痕

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ