森林生物 ウラミスジシジミ


和名:ウラミスジシジミ
学名:Wagimo signatus
    チョウ目,シジミチョウ科
分布:北海道・本州・四国・九州
 
写真(上):ウラミスジシジミ表
写真(下):ウラミスジシジミ裏
ウラミスジシジミ表
説明
四国では最近発見された。冷温帯〜暖温帯の落葉樹林に生息し,主に低山の二次林を好む。食樹はブナ科コナラ属のコナラ,カシワ,クヌギなど。卵で越冬する。成虫は年1回,6〜7月に出現し,主に夕刻に活動する。成虫の斑紋には,裏面の白帯が平行に走るquercivora型と白帯が不規則に乱れるsignatus型の2型があり,前者は全体的に分布するが,後者は中部以北に限って分布する。卵は芽の基部に1〜数卵ずつ産まれる。
ウラミスジシジミ裏

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ