森林生物 オオゼミタケ


和名:オオゼミタケ
学名:Cordyceps heteropoda
    
分布:日本 コンゴ
 
写真(上):掘り出したオオゼミタケ
掘り出したオオゼミタケ
説明
アブラゼミ,コエゾゼミ,ミンミンゼミ,ヒグラシなどの幼虫の頭部,または胸などから生じる。子実体は寄主の体から1から2本生じ,地上部は高さ2から4センチ。先端部は球形から亜球形のタンポ型淡褐色である。柄は円柱状で系は3から5ミリ淡黄褐色。西日本から北海道にかけて分布する。西日本では冬季も生じ,普通4−7月,高知県では3月に採集の記録がある。北海道では9から10月発生する。オオセミタケともよぶ

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ