森林生物 オオハナサキガエル


和名:オオハナサキガエル
学名:Rana supranarina
    カエル目
分布:石垣島・西表島の森林にのみ生息する固有種。
 
写真(上):オオハナサキガエル成体
オオハナサキガエル成体
説明
同じ場所にコガタハナサキガエルRana utsunomiyaorumという似た種類がいる。林床や渓流沿いに住み,森林以外で見かけることはまれ。コガタハナサキガエルは環境庁の絶滅危惧[1]B類,オオハナサキガエルは準絶滅危惧。両種とも1994年にハナサキガエルから分離し,新種記載された。区別点:コガタハナサキガエルはより小さく,後肢も短い。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ