森林生物 オオヒキガエル


和名:オオヒキガエル
学名:Bufo marinus
    カエル目
分布:小笠原諸島,大東島,石垣島などに害虫駆除の目的で移入されている,南米原産のヒキガエル。
 
写真(上):オオヒキガエル成体
オオヒキガエル成体
説明
小笠原では父島,母島で見られ,集落内でも林内でも見られる。しかし,繁殖場所が限られているので,どこにでも普通というわけではない。名前と違って,小笠原で見る個体はそれほど大きく感じない。普通のヒキガエル程度の大きさである。区別店:目の後ろの耳腺が著しく大きい。ヒキガエル類は敵に襲われるとここから毒を出す。目に入ると失明する恐れがあるので,虐めないこと。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ