森林生物 クモタケ


和名:クモタケ
学名:Nomuraea atypicola
    
分布:日本 台湾
 
写真(上):掘り出す前の状態
写真(下):掘り出した後のクモタケ
掘り出す前の状態
説明
日本ではほとんどの場合キシノウエトタテグモに生じる。このクモは地中に筒状の巣を作り,地面との境である巣の上端は蓋がついている。このクモに感染したとき,この菌は巣の底にいるクモから長い菌糸の束を出し,蓋を押し開けて地上に伸び出し,その先端に粉状に多数の胞子を作る。梅雨明け頃に発生する。クモから伸びでている菌糸の束は一見,冬虫夏草を思わせるが,作られる胞子が無性的にできること,さらにCordyceps属ではないので冬虫夏草の仲間ではない。学名のアティピコラはアティプス(Atypus)とコラ(cola)に分かれる。Atypusはジグモの学名(属名)であり,colaは〜に住むという意味である。従って,Atypicolaはジグモに住む(生える)という意味を持っている。初めて記載した人が,寄主をジグモと間違えて記載したためである。この菌は,地上で生活するクモにも感染する。その場合は,地中から伸び出す必要がないためか,菌糸の束を作らない。
掘り出した後のクモタケ

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ