森林生物 サクラ類幼果菌核病


和名:サクラ類幼果菌核病
学名:(病原菌)Monilinia kusanoi (HENNINGS ex TAKAHASHI) YAMAMOTO
    
分布:日本
 
写真(上):幼果菌核菌病に感染して萎凋したカワヅザクラ[勝木俊雄氏(多摩森林科学園)撮影]
写真(下):前年のサクラ種子に形成された子のう盤
幼果菌核菌病に感染して萎凋したカワヅザクラ[勝木俊雄氏(多摩森林科学園)撮影]
説明
春先,サクラの開花時期に地中の菌核から子のう盤を形成し,子のう胞子を飛散する(一次感染)。感染すると幼果が褐色の萎れたミイラ状になり,その表面に白い分生胞子を形成する。この分生胞子も感染源となる(二次感染)。感染した葉は褐斑を生じ,葉の裏の中肋上に白粉状の分生胞子を形成し,二次感染を繰り返す。葉はやがて全体が褐変して枝から垂れ下がり,落下する(写真1)。夏には感染は終息する。感染した幼果は菌核となり,地中で越冬し,翌春子のう盤を生じる(写真2)。菌核は低温を経験させる(春化処理)と,子のう盤を形成する性質がある。感染を毎年繰り返すと,樹体が衰弱して枯死に至る場合もある。
前年のサクラ種子に形成された子のう盤

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ