森林生物 シキミ輪紋葉枯病


和名:シキミ輪紋葉枯病
学名:(病原菌) (所属未詳)
    
分布:
 
写真(上):枯れ上がり症状
写真(下):葉の病斑
枯れ上がり症状
説明
葉に円形の病斑を生じ,さらに病気が進むと葉は完全に枯死する。葉は完全に枯死する前に早期に落葉することがある。激害木では下枝から枯れ上がる。病斑には同心円状の輪紋を生ずる。病斑上には灰白色のキノコ状〜球形の小型の菌体を生じる。この菌体は容易に離脱する。病原は糸状菌の一種であるが,キノコ状菌体以外に胞子形が発見されておらず,その所属は未決定である。病斑上に形成されるキノコ状菌体,あるいは枯死した落葉によって伝染すると考えられている。一部の宿主植物ではキノコ状菌体による伝染が確認されている。広い宿主範囲をもつ多犯性の病害であり,シキミ,チャ,ツバキ,サザンカ,サカキ,ヒサカキ,ツツジその他に発生する。
葉の病斑

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ