森林生物 シュロ炭疽病


和名:シュロ炭疽病
学名:(病原菌)Glomerella cingulata (Stoneman) Spaulding et Schrenk
    
分布:
 
写真(上):葉枯症状
写真(下):葉の病斑
葉枯症状
説明
雲紋病,白斑病とも呼ばれる。大型の長円形〜紡錘形の白色病斑と,小型で不定形の褐色病斑がみられる。上部の葉には発生が少なく,下部の旧葉に発生が多い。病斑の部分で下垂あるいはねじれてしばしば折れる。多数の病斑が融合すると葉全体の枯死にいたる。病原は糸状菌の一種で子のう菌類に属する。灰白色の病斑上に小黒点状の子実体を散生し,子のう胞子あるいは分生子を生じる。湿潤時には病斑周縁部に桃色の分生子粘塊を形成することがある。防除法としては,下部の病葉を摘去して焼却するか薬剤防除を行う。
葉の病斑

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ