森林生物 シロスジカミキリ


和名:シロスジカミキリ
学名:Batocera lineolata
    コウチュウ目,カミキリムシ科
分布:本州,四国,九州,佐渡,対島,壱岐,奄美大島,徳之島など。
 
写真(上):シロスジカミキリ雌成虫(左)と被害材断面(右)
写真(下):シロスジカミキリの被害で折れた木
シロスジカミキリ雌成虫(左)と被害材断面(右)
説明
成虫の体長45〜70mm。日本産カミキリ類で最大級の種の一つ。多くの広葉樹を加害するが,シイ・カシ類,クリ,ナシ,ポプラなどの被害がよく目に付く。成虫は5〜8月に,樹皮に噛み後を付けて産卵する。孵化した幼虫は材内を摂食し,多量の木屑を排出する。産卵から4年目の初夏に羽化する。同一木が毎年被害を受けると,木が衰弱したり腐朽菌が侵入しやすくなるため枯損の原因となる。防除としては,樹幹の被覆による産卵予防やMEPなど薬剤の塗布がある。
シロスジカミキリの被害で折れた木

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ