森林生物 スギ赤枯病


和名:スギ赤枯病
学名:(病原菌)Cercospora sequoiae Ellis et Everhart
    
分布:
 
写真(上):病原菌の分生子(胞子)
病原菌の分生子(胞子)
説明
苗木の針葉や緑枝,緑色主軸に発生し,壊死部は褐色〜暗褐色を呈する。病針葉上に濃緑色すすかび状の微細な菌体(分生子塊)がみられる。緑色主軸の針葉や小枝の基部に壊死斑(胴枯型病斑)を形成し,スギ溝腐病の原因になる。品種によって感受性の程度に大きな差異が認められる。病原は糸状菌の一種で不完全菌類に属する。病針葉上に形成された分生子が風雨によって伝搬するため,梅雨期と台風期が感染適期となる。海外からの侵入病害とされ全国的に蔓延したが,薬剤防除法の確立によって現在は抑えられている。防除法としては薬剤散布は卓効を示し,また苗畑ではスギの生垣は避ける,罹病苗を除去する等の衛生処置も有効である。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ