森林生物 ダケカンバハバチ


和名:ダケカンバハバチ
学名:Dineura betulivora TOGASHI
    ハチ目,ハバチ科
分布:奥日光白根山
 
写真(上):ダケカンバハバチ被害林
写真(下):ダケカンバハバチ幼虫
ダケカンバハバチ被害林
説明
奥日光白根山で採集された標本を元に,1995年に新種として記載された。本種は奥日光白根山の五色沼周辺において1990〜1994年にかけて,ほとんどのダケカンバの葉を食べ尽くすほど大発生し,その光景はさながら紅葉を眺めているようであった。その後被害は終息しているが,1999年には再度大発生する兆しも見せている。成虫の体長は6〜8mm,老熟幼虫の体長は15〜20mm。1年に1回発生する。成虫は6月下旬〜7月上旬にかけて出現し,展葉しているダケカンバの葉柄や葉の主脈に産卵する。幼虫は葉肉のみを舐め取るように食害しながら発育する。幼虫は9月上旬には老熟し,枯れ木や枯枝の樹皮下や材内に穿孔して繭を作り,その中で幼虫態で越冬後,翌春,蛹化・羽化する。
ダケカンバハバチ幼虫

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ