森林生物 ツシマアカガエル


和名:ツシマアカガエル
学名:Rana tsushimensis
    カエル目
分布:長崎県の対馬の固有種。小型のカエルで,水田にも,渓流わきの水たまりにも産卵する。
 
写真(上):ツシマアカガエル成体
写真(下):ツシマアカガエル卵
ツシマアカガエル成体
説明
卵塊は石や土にくっついている。成体は森林の林床に普通。区別点:対馬には,大陸にも分布するチョウセンヤマアカガエルRana dybowskiiが生息するが,本種は体が小さいこと,鼓膜の周囲の黒班が目の淵から始まる三角形であること(チョウセンヤマアカガエルでは目から一部離れた台形)などが異なる。
ツシマアカガエル卵

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ