森林生物 ツツジ類芽枯病


和名:ツツジ類芽枯病
学名:(病原菌)Pycnostysanus azaleae (Peck) Mason
    
分布:本州(他の地域での調査未了)
 
写真(上):枯死したレンゲツツジの花芽に形成されたひげ状の分生子柄束
写真(下):分生子柄束の走査電顕像
枯死したレンゲツツジの花芽に形成されたひげ状の分生子柄束
説明
花芽が秋から翌年の開花期までに褐変枯死して開花せず,しだいに乾いた灰白色になり,さらに1年以上そのまま残る。病原菌は不完全菌類の一種であり,枯死した花芽には黒いひげ状の分生子柄束が多数形成される。病原菌は花芽から小梗,細枝にも進展し,開花後も雄しべ,果実殻,細枝にも分生子柄束が形成され,枝枯れも起こす。ヤマツツジ,ハクサンシャクナゲにも発生するが,いくつかのレンゲツツジの名所で被害が激しい。分生子以外の胞子世代は知られていず,主要な感染時期は花芽が成長した秋と思われる。
分生子柄束の走査電顕像

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ