森林生物 トガリフタモンアシナガバチ


和名:トガリフタモンアシナガバチ
学名:Polistes riparius
    ハチ目,スズメバチ科
分布:北海道(渡島半島を除く),本州(秋田県)
 
写真(上):トガリフタモンアシナガ成虫(左雌,右雄)
写真(下):トガリフタモンアシナガ巣
トガリフタモンアシナガ成虫(左雌,右雄)
説明
体長は約14〜19mm。体色は黒色で黄色の縞模様がある。近似種のフタモンアシナガバチよりもやや大型。メスの大腮は黒色。オスの頭楯先端は尖る。オスと繁殖メス(新女王)の体サイズはほぼ同じ。河原の草地や樹高の低いカラマツ植林地を好み,草本の枯れ茎や稚樹の幹に営巣するが,分布は局所的である。他のアシナガバチと異なり,人家などの建物に営巣することはない。繭のふたの色は黒色。
トガリフタモンアシナガ巣

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ