森林生物 トノサマガエル


和名:トノサマガエル
学名:Rana nigromaculata
    カエル目
分布:関東地方から仙台にかけての地域を除く本州・四国・九州。北海道にも移入された。大陸にも分布する。
 
写真(上):トノサマガエル雌成体
トノサマガエル雌成体
説明
水田に産卵し,成体も水田周辺に多いが,林内でも成体を見かけることがある。区別点:ダルマガエル,特にトウキョウダルマガエルとの区別は難しい。本種は背中のまん中の淡色の条が太くいこと,雌雄で色彩が異なり,雄は緑っぽく,斑紋があまり明瞭でないこと,雌は基本的に白地に黒の斑紋である。鳴き声:ゲッレレレッというように鳴く。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ