森林生物 和名なし


和名:和名なし
学名:Beauveria amorpha
    
分布:不明
 
写真(上):Beauveria amorphaに感染,死亡したマツノマダラカミキリ幼虫。
Beauveria amorphaに感染,死亡したマツノマダラカミキリ幼虫。
説明
硬化病菌の一種。Beauveria bassiana,B. brongniartiiなどに比べこの属の中では比較的希な種。主に鞘翅目に寄生する。罹病虫は白色の菌糸におおわれ,分生子を形成しているものはごく淡い褐色からピンク色を呈す。ときに分生子柄束を伸ばす。分生子形成細胞はフラスコ形ないし球形で,先端はジグザグ状に伸びながら分生子を形成する。分生子は円筒形で,中央がややくびれて細くなることもある。大きさは3.5 - 6 ×1.5 - 2μm。菌叢は白色,培地にワインレッドの色素を出す株もある。培養は容易であるが,微生物的防除に利用された例はない。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ