森林生物 ナラ類コニエラ葉枯病


和名:ナラ類コニエラ葉枯病
学名:(病原菌)Coniella castaneicola (Ellis et Everhart) Sutton
    
分布:本州
 
写真(上):ミズナラに発生した病斑
写真(下):明瞭な孔口部をもった病原菌の分生子殻
ミズナラに発生した病斑
説明
夏期に淡褐色の斑点が葉に現れ,しだいに拡大し,互いに癒合して灰白色の不整形の病斑になる。健全部との境界は明瞭であるが,病斑の周囲も同色である。病斑の両面には黒い点(分生子殻)が散在して形成され,黒点の頂部には明瞭な孔口が見える。病原菌は分生子果不完全菌類に属し,分生子殻の底部からのみフィアロ型に分生子を形成する。分生子は1細胞,紡錘形,淡褐色からほとんど無色,しばしば一方に湾曲し,大きさ12.5〜16.5×2.5〜3ミクロン。ミズナラ,コナラのほか,クリにも発生する。
明瞭な孔口部をもった病原菌の分生子殻

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ