森林生物 ニホンカジカガエル(リュウキュウカジカガエル)


和名:ニホンカジカガエル(リュウキュウカジカガエル)
学名:Buergeria japonica
    
分布:琉球列島,台湾に分布する。
 
写真(上):ニホン(リュウキュウ)カジカガエル成体
ニホン(リュウキュウ)カジカガエル成体
説明
学名がjaponicaなのでニホンカジカガエルという和名だが,本土に分布するカジカガエルと混同されることが多いので,リュウキュウカジカガエルという名が提案されている。カジカガエルとは異なり,流れさえあれば,渓流だけでなく,林道のわだちやどぶにも産卵する。時には海岸のタイドプール近くの隆起石灰岩上の半海水に近いところにも幼生が見られる。繁殖期には雄は黄色くなる。また,褐色系とはいえ,さまざまな色彩の個体があり,赤土のようにかなり赤い個体も見られる。区別点:アイフィンガーガエルの項参照。鳴き声:カジカガエルを思わせる美声で,フィリリリ・・と鳴く。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ