森林生物 ニホンカモシカ


和名:ニホンカモシカ
学名:Capricornis crispus Temminck
    ウシ目,ウシ科
分布:本州・四国・九州
 
写真(上):ニホンカモシカ成獣
写真(下):ニホンカモシカによるヒノキ被害
ニホンカモシカ成獣
説明
日本固有種である。戦後,絶滅が危惧されたが,次第に個体数を回復し,1970年代には造林地への食害が多発するようになった。本州(東北〜近畿)では個体数増加と分布拡大が明らかであるが,四国,九州では回復していない。最も好適な生息環境は山地の落葉広葉樹林である。ニホンジカと比べ,より深い雪の中や険しい地形で行動できる。各個体は,同性間で排他的な行動圏を持ち,行動圏を重ねている雌雄が交尾期(晩秋)にペアを形成する。出産は初夏,通常一産一仔である。交尾期以外は単独,またはメスの場合は仔連れで行動していることが多い。樹木・草本の柔らかい葉,小枝,芽などを主に採食する。造林木被害は,晩秋〜春に多く,ヒノキ,カラマツなどが食害される。食痕や足跡はニホンジカに酷似していて識別は困難である。またニホンジカと異なり造林木への剥皮害はほとんどない。獣害統計
ニホンカモシカによるヒノキ被害

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ