森林生物 ハナサナギタケ


和名:ハナサナギタケ
学名:Paecilomyces tenuipes
    
分布:全世界
 
写真(上):Paecilomyces tenuipesに感染した鱗翅目の蛹
写真(下):スジエグリシャチホコ蛹上の有性世代ウスキサナギタケの子実体
Paecilomyces tenuipesに感染した鱗翅目の蛹
説明
硬化病菌類の一種。鱗翅目に寄生する普通種。秋に野山を歩くと,土中の蛹から生じた分生子柄束をよく見かけ,蒐集家の間ではハナサナギタケと呼ばれている。罹病虫は白色の菌糸におおわれ,普通は白色で先端が樹枝状に分岐した分生子柄を形成する。分生子は純白,円筒形から長円形で曲がり,2 - 7×1.2 - 2.5μm,コロニー裏面は淡黄色から鮮黄色。かつては,Isaria japonicaと呼ばれた。普通種で培養も容易であるが,害虫防除には利用されていない。有性世代はウスキサナギタケCordyceps takaomontanaといわれている。
スジエグリシャチホコ蛹上の有性世代ウスキサナギタケの子実体

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ